お勧めCD等

ブクログ

  • ブクログ

« レコーディング初日 | トップページ | 続いてレコーディング »

2004.09.09

洋食のイメージ

今日は、京都にある、洋食屋さん「グリル玉屋」という、お店に行ってきました。四条通から、狭い通りを10mほど入ったところ。看板が出ていなければ、ただの家のようで、見逃してしまいそうなお店。噂では、かなりうまいらしい。
 ということで、入ってみました。を!なんだか落ち着いたレストランのようなテーブル、ちょっと普通の洋食屋さんとは違うぞ・・・。中からおばちゃんが出てきて、「いらっしゃいませ」と。を!やっぱり町の洋食やさん、な感じになってきた。そして、メニューを頂いて中を見る。メニューは手書きである。値段は大体リサーチ済みなので、驚きませんでしたが、いわゆる洋食というイメージからすると、結構いい値段である。中には5桁のものもあるし。ちょっちイメージ違うよな。迷いながら、コースのDに決定。スープ、今日の料理、カレーライス、コーヒーのセットである。ちなみに、今日の料理をたずねると、コロッケらしい。あ、そうそう、注文をとりにきたのは、ココのお店のオーナー。明るく楽しいオーナーさんで、やっはり、町の洋食屋さんだ。オーナーと、色々話をしながら、料理を待つこと、少々。先ずポタージュスープが出てきた。一口・・・・。「ん?!なんだこれ」、もう一口「す、すげ~、うま~い」今まで、口にしたことの無いスープの味に驚きました。飲んでいるうちに気がついたのですが、この味はチーズ。そうチーズが入っているようです。しかも、かなりよいものが入っているようです。そして、メインのコロッケ(私には、カレーメインという噂も・・・・)見た目に既によく見かけるそこらのコロッケとは違う。パン粉?ではないな、多分。っていうか、なんか説明出来ないな。さっくり、しっとりで、何せ、うまいぞ!!そして、カレーも・・・・。真ん中に卵の黄身が乗っています。それを崩しながら頂きます。これもまた、うまい。ていうか、飯もうまいぞ。何せトータルで、かなりうまい!!
 その後、店主と色々わいわい話しをしましたが、洋食って言うのは、どうしても安価なイメージがあって辛いそうです。そう、洋食というと、カレー、オムライス、ハンバーグ、カツレツ、等・・・・。っ手感じですよね。よく見かけるメニューです。しかも、ランチとかで安価で販売されてますよね。でも、実際良い材料を使って美味しいものを作ろうと思うと、高級な和食の良いもの作るのと変わらない材料を使うんですね。一般的なイメージは、和食は高い、洋食は安いという感じがあるらしい。確かに、今日2人で行って8000円(税込)を超えましたので、一般的な洋食の値段のイメージからは、だいぶ高い気がするな。でも、今日の味なら満足です。文句無いです。
ちなみに、このお店は、大正時代から70年に渡って営業されてきているそうです。現在の店主で3代目だそうですが、店主曰く「そろそろ潮時かな・・・・」と。それは、寂しいな~。後を継ぐ方も今のところいらっしゃらないようです。
というわけで、美味しい料理と、気さくな(おしゃべりな)店主が迎えてくれますよ、是非行ってみてください。私は、必ずまた行きます。

« レコーディング初日 | トップページ | 続いてレコーディング »

コメント

めっちゃ、うまそ〜!!!!(>_

ウマかったで~。めっちゃ!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洋食のイメージ:

« レコーディング初日 | トップページ | 続いてレコーディング »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック